エアコンが冷えない!対策を考えよう

   

【あれっ!?エアコンがあまり冷えない!】
梅雨も終わり、とうとう今年も暑い、暑すぎる酷暑の季節がやってきました。
省エネが叫ばれている今でも、熱中症にならないために、メディアなどでも
エアコンを付けるように促すなど、近年の暑さは異常と言えるでしょう。
梅雨くらいまではなんとかエアコンを付けずに我慢していた人も、とうとう
夜も熱帯夜となり寝苦しくエアコンを付けた人も多いはずです。
しかし、思ったほどエアコンが冷えないなんて事はないでしょうか?
やるべき対応をしっかりとって、省エネしながらも快適な夏を過ごしましょう!


スポンサーリンク


 

【まずはエアコンクリーニング!】
エアコンって高い場所にあるし、カバーで中は見えないから一見はキレイに
見えたりしてもう何年もクリーニングしていないなんて人も少なくないのでは
ないでしょうか。
カバーを空けるとフィルターがもはや機能していないほどホコリでいっぱいに
なってしまってはいませんか?そうなれば当然、エアコンがあまり冷えないのも
当たり前。否応なしに設定温度も低めにせざるおえないから電気代もかかるし、
そしてなにより怖いのはそのホコリの中に「アスペルギルス」という怖い菌が
入っている可能性があり、酷い場合は気管支炎などのアレルギー症状が引き起こ
される病気になってしまうのです。
そうならないためにもエアコンクリーニングをしっかり行いましょう。
まずフィルターを取ってブラシなどでキレイにホコリを取り、エアコン内部は
掃除機や専用スプレーなどで隅々までしっかり掃除しましょう。
また忘れがちなのが、室外機。室外機にも汚れが溜まっているはず。そちらも
忘れずに!
そこでおススメしたいのがプロの業者にお願いすると言う方法。
最近は、ハウスクリーニングも一般化してきて、各社競争が激しくなっているから
価格もリーズナブルに設定されていたり、エアコンのクリーニングのみなんてのも
OKなところがほとんど。「やはりプロの手でやってもらうと違う!」とリピーター
も多いので一度試してみては?

 

【サーキュレーターを活用しよう!】
よく省エネのためにも設定温度は28℃になんて言われていますよね。しかし、
暑がりな男性を中心に28℃設定では暑くていられない、部屋が冷えないなんて
思う人も多いでしょう。そんな時は、サーキュレーターを活用する方法はどうでしょう。
サーキュレーターとは見た目は扇風機ですが、室内の空気を循環させる家電。
エアコンって暖気は上昇、冷気は下降するので、部屋の上下でだいぶ温度差が
出たりするのです。そこで空気を循環することでエアコンの冷気をまんべんなく
充満させることができ、だいぶ違いますよ。当然、サーキュレーターは冬にも使えますし
価格も数千円ほどなので一台もっておいて損はないものです。

 

【他にも部屋を冷やすグッズがたくさん!】
他にも扇風機にミストをまき散らす機能が付いた「ミスト扇風機」などもとても効果的。
またわざわざミスト扇風機を買わずとも、100均で霧吹きを購入して冷やした水を
シュッシュッするのもお財布にも優しくて良いですよ。
また、ベットやフトンにマットを敷くだけで、体内の熱気を取ってくれる冷却マット
などもあるので、ひと工夫で快適かつ省エネで夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ