お得に粗大ごみを処理しよう

   

意外と大変!粗大ごみの処理

徐々に暖かくなると部屋の模様替えをしたり、家電を替えたりする人も
多いのではないでしょうか。春は気分を一新させてくれるシーズンです
からね。また、入学や入社などで引っ越しする人も多いでしょう。
そんな時に意外と大変なのが粗大ごみの処理です。なので、ここでは
粗大ごみのお得な処理方法を紹介します。

 

捨てる前に…

今の時代、捨てるのは後述しますが、お金がかかります。買った時にも
当然お金がかかっているのに、捨てる時までお金がかかるなんて…って
感じですよね。なので、捨てる前にちょっとでもお金にならないか、
もしくはタダで引き取ってもらえないか、探ってみましょう。
洗濯機やテレビ、パソコンのような家電や、ベッドやソファなどの
家具は状態にもよりますが、よほど状態が悪くない限りはリサイクル
ショップで引き取ってもらえないか打診してみましょう。正直、
唖然とするような金額になってしまうのは事実ですが、お金を払って
捨てるよりはマシですからね。その運搬方法ですが、ホームセンター
などでは家具を買うと無料で軽トラを貸し出してくれたりします。
時間制限はあるものの、その時間を上手く活用して運べば無料で運ぶ
ことができますよ。もしくは、SNSなどで家電・家具を要る人はいないか
探してみるのも手でしょう。当然、タダで良いって話になると思います
が、飯をおごってもらったりするでしょうから、完全にプラスです。
また、ベッドなどを買い替える場合は、お店によっては無料もしくは
低料金で引き取ってもらえるサービスがある場合があります。
別途、処分代をかかる事を考えれば、引き取り無料は大きいので、
その基準で新しいベットなどを購入するのも良いかもしれません。
また、引っ越しの場合も、引っ越し業者が引き取ってもらえる場合が
多いので、事前にしっかり断捨離しておく事が大切です。引っ越し後、
状況を見てから考えようなんてしていると、後の祭り状態で、無駄な
処分代がかかってしまうことになりますよ。

 

業者に頼む?自治体に頼む?

上記のような事を模索しても引き取り手がいない場合、いよいよ処分方法
を決めなくてはいけません。大きく分けて、各自治体が行っているサービ
スを利用する方法と、業者に頼む方法があります。それぞれのメリット
を書きておきます。

 

自治体に頼むメリット

(メリット)
・業者に比べて安い(一般的に1000円前後)
(デメリット)
・土日がダメなど、処分できる日時が決まっている。
・玄関先など事前に外まで出しておく必要がある(詳細は自治体により
異なる。)
・家電リサイクル対象商品など処分できないものも多い。

 

業者に頼むメリット・デメリット

(メリット)
・日時を自分である程度は決めることができる
・基本、処分できないものは皆無
・部屋の中や2階などでも運び出してくれる(事前相談必要な場合が多い)
(デメリット)
・自治体に比べると高い(一般的に3000~5000円程度)

ここで注目したいのが、運びだしです。例えば、女性だと玄関先まで
大型家電や家具を運び出すのは至難の業。ちょっと高くても業者のほうが
ベターだと思います。また、仕事が土日休みとかではなく不規則な人も
業者のほうが安心でしょうね。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ