空気清浄機 おすすめランキング

   

中国からは相変わらず有害物質のPM2.5は流れてきていますし、今年の冬は
インフルエンザなども大流行して、空気清浄機の必要性は年々高まっています。
また、春になれば花粉の季節にもなりますので、より需要は増すでしょう。
最近の空気清浄機は、PM2.5のような微粒子さえも吸い込める高性能モデルも
増えていますので、自分のために、家族のために、ペットのために、新しい
空気清浄機を買いませんか。そこで、ここではおすすめの空気清浄機を
紹介します。

 

中国でも爆売れ!SHARP KC-D70-W

PM2.5の本場(!?)である中国でも売れに売れているSHARPの空気清浄機。
そのPM2.5もHEPAフィルター搭載で、しかもプラズマ放電により活性酸素を
発生させ、プラスとマイナスのプラズマクラスターイオンを作り、空気中に
放出するプラズマクラスターも搭載なので、常に美味しい空気を吸う事が
できます。
また、乾燥・低温状態や夏の高温・高湿状態を光と音でお知らせする機能も
付いており、視覚と聴覚で感覚的に部屋の状態を知ることができるのも◎。
価格も(対応サイズによって異なりますが)20000円前後と、お財布にも
優しい設定になっているのも嬉しいところ。

SHARP KC-D70-W 実売価格 23,180円(税抜)

 

使用後レビューも大好評! ダイキン TCK70P-W

古くから空気清浄機などの空調メーカーの老舗であるダイキンの人気機種。
ダイキン独自の光速ストリーマ技術は、PM2.5や花粉などあらゆる有害物質
を吸い込むと評判で、クチコミレビューなどでも常に高評価になっている
点からも性能の良さが分かる逸品。
また、加湿機能は、多くのメーカーのものが、空気清浄と同時に使うと
風力が落ちると言われていますが、加湿機能と併せて使っても風量が
落ちないパワーがある店も魅力的。

ダイキン TCK70P-W 実売価格 24,562円(税抜)

 

北欧ブランドの洗練性と高性能はさすが! ブルーエア 270E Slim

自ら世界基準と豪語するほど世界中で使われているグローバルスタンダード
モデル。一瞬にして吸塵する早さはさすがの一言。
また、近年流行りのスウェーデンブランドだけあって、どんな部屋にも
マッチする洗練されたデザインはさすが。値段は、上記のような日本
ブランドに比べると、やや割高ですが、ブルーエアを使っていれば
「さすが」と思われる事間違いなしです。

ブルーエア 270E Slim 実売価格 48,582(税抜)

 

デザイン重視派はコレ! イオン式サイレント空気清浄機 PA-201-BK

卓越したデザイン家電などを多く生み出し続けているアマダナらしく、
シックで見てすぐにオシャレと分かるデザインは秀逸の一言。
また性能もあなどれなく、コロナ放電で集塵、オゾンで脱臭する、
ファンのない静かな空気清浄機。10畳まで対応ながら重さ約460gと
軽量なので、出張など出先に持ち歩いても重宝しそう。

イオン式サイレント空気清浄機 PA-201-BK 実売価格 18,000円(税抜)

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ