屋形船でひと味違う忘年会を海上で!最新の忘年会事情!

   

【ひと味違う忘年会を海上で!屋形船で忘年会!】
そろそろ師走の足元も聞こえてくる頃、忘年会の幹事に指名された人は、どんな
お店でやるか頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。どんなに苦労しても
必ずと言ってよいほど文句を言う人っていますからね。ですので、今年はひと味違う
という忘れられない忘年会をプロデュースしませんか?そこでここでは東京の
おススメ屋形船忘年会を提案します。東京スカイツリーや、レインボーブリッジなど
進化し続けている東京の夜景を見ながら今年の疲れを癒しましょう。


【気になる料金はどれくらい?】
屋形船というとお金持ちの道楽と思っている人も多いかもしれませんが、そこまで
高くはありません。当然、お店によって、出される料理によって異なりますが、
1人あたり5000円前後が相場。普通の居酒屋に毛が生えた程度の価格なのです。
特に忘年会でおススメなのが、貸切。多くの屋形船が15~20人程度から貸切可能
なので、海上でプライベート空間を味わえる贅沢な忘年会で、日頃の疲れも吹き飛んで
しまうことでしょう。


【料理はどんなものが出るの?】
屋形船の定番料理と言えば、やはり天ぷら。江戸前の新鮮な食材を使った船上で揚げる
天ぷらはまさに絶品です。また、天ぷら以外にも、江戸名物のもんじゃ焼きや、
忘年会の時期にぴったりな温まる鍋料理、そして洋食メニューまであるところも
多いので、幅広いニーズに応えてくれます。また、飲み放題のところが多く、お酒の
種類もビールや日本酒、焼酎を始め、ワイン、カクテル、ソフトドリンクなど豊富
なので女性でも安心です。


【屋形船って揺れないの?酔わない?】
船と聞いて「船酔い」を想定する人が多いのではないでしょうか。せっかくの忘年会
でも船酔いでぐったりしていたら元も子もないですからね。しかし、屋形船が走る
東京湾はかなり波もなく、また最近の屋形船は揺れない構造になっているので、
船で動いている事が気付かないくらい揺れません。酔うのはお酒にだけとなること
でしょう。


【余興はできる?】
忘年会と言えば余興と言う人も少なくないのかもしれません。屋形船上でも多くの
お店がカラオケ完備だったり、ステージが用意されている屋形船などもあるので、
陸上のお店同様の余興を楽しむことができるでしょう。


【トイレなどは大丈夫?】
お酒の席ですから、トイレが近くなりますよね。屋形船って古いイメージがあるから
トイレももしかしたら汚い?古い?なんてイメージを持っている人もいるかもしれま
せんが、今の屋形船は清潔そのもの。水洗トイレはもちろんの事、ウォッシュレット
まで付いているトイレもあったりします。


【雨の日でも大丈夫?】
(忘年会シーズンでは有り得ませんが)台風が近づいているなど、よっぽどの
大荒れでない限り雨でも問題ありません。もちろん屋根があるので、出発地から
一度も全く濡れる事がなく楽しめます。ただ、雨でないほうが海風を感じながら
夜景を楽しめるので、晴れて欲しいところですけどね。


【注意点は何かある?】
まず最も注意すべき点は【遅刻ができない】点でしょう。あとから合流は、海上ですから
不可能なので、余裕をもった集合時間にしておきたいところです。また、船酔いも
100%ないわけではありません。特に風の強い日だと揺れは少しはありますので、
日ごろ車酔いなどしやすい人は、酔い止めを飲むなり、前日早めに寝るなりしておいた
ほうが無難です。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ