定番のウェディングソングで感動シーンを演出しよう

   

【結婚式余興の定番!ウェディングソングで盛り上げよう!】
幸せムードいっぱいの結婚式。幸せおすそ分けという感じで、参列者まで幸せな
気分になるものですが、ちょっと困ってしまう場合が、余興を頼まれた場合では
ないでしょうか。内輪ネタばかりにしても一部だけしかウケないし…
そんな時に無難なのがウェディングソングではないでしょうか。
振り付け有りでワイワイみんな揃って盛り上がる曲もよし、しんみりされちゃうような
名曲を熱唱するの良し、カラオケボックスなどで練習しやすい点も良いですよね。
もしくは動画撮影が簡単になった今、ウェディングムービーも定番になりつつ
ありますが、そこにもBGMとしてウェディングソングはマスト!
そこで盛り上がり間違いなしのおススメウェディングソングをまとめてみました。

【らいおんハート(SMAP) 難易度★★】
振り付けも意外と簡単なので、仲間内で別々に練習しても結構上手くいきます。
SMAPってキャラがはっきりしているので、似ている似ていないは別として
アイドルコスプレして笑いを取りながら、歌詞はグッとくるので最後には
泣かしちゃうみたな感動ストーリーを作り上げましょう。

【ハピネス(AI) 難易度★★★】
『君が笑えば この世界中に もっと もっと 幸せが広がる~♪』と
つい口ずさんでしまいたくなるような素敵な歌詞なので、会場に手拍子なんかを
求めれば、会場が一体となり祝福ムード満点となる事でしょう。

【糸(中島みゆき・BankBand)  難易度★】
名曲中の名曲。バラードなので外してしまうと白けてしまいますが、歌詞が
感涙必至の素晴らしすぎるものなので、写真をスライドしながらこの曲を
かけても、どんな平凡な写真でも感動絵巻にしてくれる魔法の曲です。
現在、歌われている90年代の曲で一番歌われているのが、この「糸」という
事からも分かるように、原曲である中島みゆきバージョンや、ミスチルの
桜井さんが歌ったBankBandバージョンがあるので、男性・女性問わず歌える
のもメリットの一つ。

【スターラブレイション(ケラケラ)   難易度★★★★】
若者層に人気のケラケラですが、この曲はドラマ主題歌にもなっていたので
幅広い世代が聴いたことがあるのは大きなメリット。MVにあるような
振り付け入れて、みんなで飛び跳ねながら歌えば、会場中が楽しくなってしまう
のではないでしょうか。

【君とつくる未来(ケツメイシ)   難易度★★★★★】
「幸せをありがとう」や「出会いのかけら」などウェディングソングが多くある
ケツメイシの中でも、この曲は最高!と呼び声高い名曲です。
途中でラップもあり、難易度は高いですが、途中で「イェーイ!」と掛け声を
出すところもあり、一体感を生んで盛り上がります。

【Wedding March (Rin Oikawa)   難易度★★★★】
洋楽ではこの曲が定番中の定番。もちろん英語詞なので、完璧にマスターして
歌いきったらマジでカッコ良い!誰もが一度は聞いたことがあるようなメジャー
感があるのも嬉しいところ。

【WINDING ROAD (絢香×コブクロ)   難易度★】
仲間内みんなで歌うにはピッタリな曲。ちょっと歌が苦手な人もコブクロの
パートは基本ハモリなので、多少外していても味のあるアレンジに聴こえなくも
ない点は頼もしいところ。

【愛を込めて花束を (superfly)   難易度★★★★★】
まさに幸せいっぱいの歌詞。御両親への花束贈呈の時などにかけてもグッときます。
ただ歌うとなると音程の幅も広く難易度はMAX。ただ歌いきったら感動度も
MAXです。

【Let it go(松たか子)  難易度★】
言わずと知れた「アナと雪の女王」テーマ曲。直接的なウェディングソングではないに
せよ、子どもも歌えるので、子どもが歌ったりすれば盛り上がりはまさに鉄板ネタ
となることでしょう。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ