iPhone6は買いか!?

   

【iPhone6は買いか!?】
もはや秋の風物詩のようになったApple社の新型iPhone。今年も9月9日に
iPhone6とiPhone6 plusが発表されました。日本では、iPhone5s/cと同様
docomo・au・softbankの大手3大キャリアから9月19日に発売予定で、
銀座のApplestoreでは、早くも並んでいる人がいるくらいですが、ズバリ
iPhone6は買いなのでしょうか?現在のiPhone5s/cとの比較などをしてみました。

【一番の違いはやはり画面の大きさ】
見た目で一番変わったのが画面の大きさでしょう。現在のiPhone5s/cは4インチ、
iPhone6は4.7インチと一回り大きいサイズ、iPhone plusは5.5インチと
かなりインパクトのある大きさとなっています。5.5インチはほぼ1万円札と
同じくらいの大きさと思えば分かりやすいのではないでしょうか。
相当大きいので、親指を使うスマホのゲーム好きの人とかだとちょっとやりずらい
のではないでしょうか。また、解像度もiPhone5sなどと比べるとかなり向上
していますが、正直ここまでくるとそれほど違いが分からないと思います。

【新しい機能は?】
いくつかある新しい機能の中でも実用的で注目されるのがNFC搭載でしょう。
NFCというのは国際規格になっている無線通信の方式で、10cm程度の近距離で、
ケーブルなどをつながない(非接触)で通信ができる仕組みです。
日本ではNFCを使っているのが「おサイフケータイ」です。
では、iPhone6からはSuicaやnanacoなどが使えるようになるかは微妙なようです。
日本のおサイフケータイはNFCのなかでもSONYが作ったFelicaというもの
なので、iPhone6に搭載されているNFCとは親戚みたいなもので同じものでは
ないのです。アメリカではApple Payという新しいApple社が出すサービスに
対応することは分かっていますが、実際Suicaなどに対応できるかは日本発売が
された後でないと分からないと言うのが現実なようです。
また、他にもWi-Fi環境でも通話ができるようになる「Wi-Fi Calling」機能も
ありますが、これまた日本の通信会社が対応するかはまだ未定らしいです。

【カラーは?】
前作ではiPhone5cでピンクやグリーン、イエローなどカラフルな本体カラーも
登場しましたが、今回はiPhone5sと同じの3色(シルバー、ゴールド、スペースグレイ)
のみとなっています。カラフル好きのために、超薄型の純正ケースは販売されるみたい
です。

【記録容量は?】
iPhone6、iPhone6 plusともに記憶容量が16GB、64GB、128GBとあり、今まで
あった32GBが無くなりました。通話、LINE、ネット閲覧くらいのライトユーザー
だったら16GBでも十分ですが、写真を保存、ゲーム、音楽を聴くなどスマホで
色々する人は64GB以上が無難でしょう。特に今回から初登場する128GBだと
ちょっと大きすぎるイメージですが、2年縛りが終了してすぐに買換える人や、
すぐにPCと同期してPC側で(写真などを)保存する人でなければ、iPhoneは
SDカードのような記録メモリは使用できませんし、より大きい容量のほうが
良いかと思われます。

【価格は?】
docomo・au・softbankともにほぼ価格は横一線。一番安いタイプだと
記憶容量が16ギガバイトの「6」は新規契約か「MNP(番号持ち運び制度)」
を利用した2年契約の場合、実質0円で端末を提供するみたいで、128GBでも
実質負担金は(機種変更・新規により変わりますが)iPhone6で25000~35000円
程度、iPhone6 plusが35000円~45000円前後となっています。

【今、iPhone6、iPhone6 plusは買うべきか!?】
あくまでも私見ですが、すぐに飛びつかず日本で使える機能など見極めてからでも
遅くないと思います。特に前述したNFC機能は確実に使えるapple payが日本では
未導入な事もあり、Suicaなどどこまで対応しているか見極めたほうがベストかと
思います。また、各キャリアのショップ(ドコモショップなど)で修理ができる
Android機と比べ、iPhoneは数少ないAppleショップに行かないと対応できない
など不便な部分もあり、またiPhone5Sなども初号機は不具合なども多く出たので
やはり数か月様子を伺ってから購入するか決めるのがベストな選択だと思います。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ