秋ををとことん満喫!ブドウ狩りをしに山梨に行こう

   

【秋の味覚を口いっぱいに!ブドウ狩りへ行こう!】
秋と言えば「スポーツの秋」、「読書の秋」など様々な秋がありますが、やはり一番は
「食欲の秋」ではないでしょうか。秋を旬とする食材は多く、夏バテの疲れからも一段落
する頃は、やはり1年で1番食べ物が美味しく感じる季節ですからね。
そんな食欲の秋を満喫するために今秋は、ブドウ狩りに行きませんか?
ブトウの産地と言えばやはり「山梨」。都心からでも日帰りで行ける距離で、また石和温泉
など温泉地も多いので、まさしく秋を満喫できる1日を過ごせるスポットでしょう。
そこで山梨のブドウ狩りおススメスポットを紹介させて頂きます。

【ブドウ以外にも色々と…と言うよくばり派は「塚原山フルーツ農場」】
秋の果物と言えば、ブドウ以外にも色々とあるもの。梨や桃、そして11月くらいに
なると柿なども出てきますよね。そんなブドウ以外のフルーツももぎ取れる
フルーツ園が「塚原山フルーツ農場」なのです。そして、肝心のブドウも
シャインマスカット、巨峰、甲州、甲斐路と様々な種類を食べ比べできるので、
胃袋がどんなに大きくても食べきれないのではないでしょうか?
他の方の迷惑にならなければ犬連れもOKと言う事なので、ワンちゃんも家族の
一員のファミリーも安心です。
塚原山フルーツ農場:南アルプス市塚原1214

【食欲の秋を限界まで満喫したい!…という食いしん坊派は「ぶどう狩りの自由園」】
山梨の中でも、一番有名なブドウの産地と言えばやはり勝沼ワインでもお馴染みの
勝沼ではないでしょうか。そんな勝沼町にあるのが「ぶどう狩りの自由園」。
こちらの最大のメリットは、なんと35種もの様々な種類のブドウが食べ放題なのです。
種類ごとの特徴を食べ比べながら秋を満喫できます。食べ終わった頃は、この上ない
幸せな気持ちとブドウ博学になってるほどでしょう。また、予約不要なので突然、
思い立っても実行に移せます。
ぶどう狩りの自由園:甲州市勝沼町等々力151

【アクセスの良さも重要ポイント!…クルマ無しでも楽々ブドウ狩り「遊覧ぶどう愛宕園」】
ターミナル駅である甲府駅から徒歩10分程度なので、車なくとも楽々にブドウ狩りを
楽しめるのが「遊覧ぶどう愛宕園」。
また、園内にバーベキュー場もあり、また食材やお弁当の持ち込みもOKなので、
1日ピクニック気分でのんびり大自然に囲まれながら過ごせる癒しスポットでもあります。
遊覧ぶどう愛宕園:甲府市愛宕町266-2

【山梨の寄り道スポット】
ブドウ狩りへ行っただけでも満喫ですが、せっかく山梨まで行ったのですから
とことん満喫して帰りたい人にオススメの寄り道スポットを紹介します。

① 双葉サービスエリア(SA)
車で行く場合、SAやPAはトイレタイムなどで必ず寄るところ。どうせ寄るなら
最高のシュチエーションのSAに寄りましょう。中央道のSA/PAでおススメは
やはり「双葉SA」。
こちらのおススメは何と言っても美観!山梨の大自然をなんと360度パロラマで
見渡す事ができます。また、レストランでは山梨名物のほうとうも味わえます。

② ほうとう 小作
山梨名物であるほうとうは、現在、朝ドラでも度々登場してきて、食べたいと
思った人も多いのではないでしょうか。具だくさんで体の芯から温まる郷土料理
ですよね。前述したように最近ではSAなどでも頂けますが、まさに最高のほうとうを
味わいたい場合は、老舗ほうとう屋「小作」は外せません。
甘みが口に広がる名物かぼちゃほうとうなどを、鉄鍋に入って出てくるので
雰囲気で美味しさが倍以上になるのではないでしょうか。
山梨県内に甲府駅前を始め、各地にあるので行かれるブドウ狩りスポットの近くに
ないかチェックしてみては!?

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ