世界の平均寿命あれこれ

   

世界の平均寿命のランキングが発表されました。
元から日本は世界的に平均寿命が高い国であり、ランキングの上位の常連ともいえます。
最近は少し順位を落としている所がありましたが、再び女性の寿命は再び世界一となり、
総合でもナンバーワンになりました。

以下にランキングを出します。

          男女平均 男 女
1 日本     83   80 86
2 イスラエル 82 80 83
3 シンガポール 82 79 84
4 アイスランド 82 80 83
5 イタリア 82 79 84
6 スイス     82 80 84
7 スペイン 82 78 85
8 オーストラリア 82 80 84
9 カナダ     81 79 83
10 オランダ 81 78 83
11 スウェーデン 81 79 83
12 ノルウェー 81 79 83
13 フランス 81 78 85
14 ルクセンブルク 81 78 83
15 ニュージーランド81 79 83


そして以下がワーストランキングです。

          男女平均  男   女
83 タンザニア 55 53 58
84 エチオピア 54 53 56
85 ナイジェリア 54 53 54
86 南アフリカ 54 54 55
87 アンゴラ 52 51 53
88 シエラレオネ 49 48 50
89 ジンバブエ 49 47 50
90 スワジランド 49 47 50
91 アフガニスタン 48 47 50
92 ザンビア 48 46 50
93 チャド 48 47 48
94 中央アフリカ 48 49 48
95 レソト 48 46 50
96 マラウイ 47 44 51

見て分かりますが、ワーストにはアフリカ諸国が多いです。
ここまでくると個々の国というより「アフリカ圏」の問題と捉えたほうが良さそうです。
客観的なインフラと開発の問題から、疫病、戦乱、古い社会習慣などが足かせとなっている模様です。

ランキングから分かるのは自然の暮らしや原子力とかいった問題よりも、
医療環境や経済や福祉、労働条件が問題になっているのではないかということです。

上位にあるのは欧米先進国であって社会が安定し、医療システムなどが整っている所が多いです。
そうした点が世界的な平均寿命の課題ともかかわってくるでしょう。

日本の場合は問題になってるのは「自殺率」です。
先進国でありながら統計では上位の方にあり、近年の経済不況による自殺が増えています。
この部分が改善されればさらに平均寿命は延びるかもしれません。

ちなみに自殺率はほとんどの世代で男が多いですが、これは世界的な傾向となります。
大半の国でも自殺率は男性が高く、平均寿命も女性が上だそうです。

過去には喫煙や飲酒も男性の方が多いのでそれが関係あるかもしれませんし、仕事上の問題もあるでしょう。
また仕事などでは女性の社会進出の大切さが言われますが、その分男性と同じように仕事のストレスに
さらされます。

将来的には平均寿命に影響が出てくることがあるかもしれません。

◇全体的な流れでは伸びている

紛争や病気、貧困などはいまだに解決はできていません。
これからの人類の大きな課題となります。
ただそれでも昔に比べれば世界的に平均寿命は延びてきています。

産業革命の頃のイギリスの労働者の平均寿命は地方によっては20代だったそうです。

これは人権などが確立されておらず、十歳になるかならないかの児童まで重労働に従事していたことに関係しているようです。
日本も江戸時代以前には十代の出産が普通で50歳まで生きられれば長寿とみなされるほどでした。

近代社会になっていろんな不合理や遅れた面が大幅に改善されていきました。
現在の発展途上国でも年々改善の兆しが見られます。
医療の発達と根本的に世界規模の国際協力機構ができてきたことと無関係ではないでしょう。

国際間の戦争などの紛争、疫病、飢餓は該当地域だけでは解決できないことが多いです。
医療施設、教育、衛生・健康環境などを作り上げるのも莫大なコストと時間がかかります。
一国だけでは難しい所があります。

それが国際的な枠組みで解決に取り組む中で大きな効果をあげるようになりました。
飢饉や疫病が発生しても今ではリアルタイムで世界的に対応が取られます。
放置されることはありません。

紛争の解決や人々の生活レベルの向上は容易ではありませんが、途上国とされてきた地域でも著しい発展が見られます。

また先進国は経済は発展しても客観的環境にストレスを強いるところがあります。
自殺率の少ない国は人間の環境や精神的な面で好ましいところが多いです。
こうした地球規模の視点でお互いに学ぶところを増やしていけば、地球レベルで自殺率も低下させて平均寿命ものびていくことでしょう。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ