洗脳から復活 XジャパンのToshiの現在

   

・XJAPANとは?
1989年のデビュー以来、日本のロックシーンに足跡を残したモンスターバンドです。
一時は解散まで至るも再結成に至り、近年に世界ツアーや世界アルバムの発売を控えています。

ドラムス&ピアノ担当のヨシキと幼馴染のトシがボーカル担当で学生時代に結成されました。
基本はロックでありつつも、幼い頃からクラシックの英才教育を受けていたヨシキの音楽性もあって、
ハードロック、シンフォニックメタル、バラード、歌謡的な曲、など幅広いジャンルにわたります。

基本的に激しいロックサウンドの中で、美しいメロディが展開するという曲が多いです。
哀切のあるバラードも評価が高く、派手な外見に似合わない穏やかな面と激しさの両方の魅力があるバンドでした。

ファッションセンスも群を抜いており、当時はやっていたグラムロック風の派手な外見でも際立って目立っていました。
髪の毛を逆立て、奇抜な化粧をし、刺々しい服装に身を包む。
ライブパフォーマンスも派手で、時に会場で火薬や炎を使ったり、機材を破壊するというやり方にライブハウス側からも苦情が出るほどでした。

こうした過激なやり方は一般人には受け入れられにくいですが、Xは楽曲のレベルも高かった点が違いました。
特にクラシックの音楽理論をしっかりおさえて、演歌にも通じるような情感、美しいメロディが激しいバックサウンドは絶妙であり、老若男女にファンが生まれました。
紅白歌合戦にも出場を果たし「国民的ロックバンド」とも呼ばれています。

デビューアルバムからミリオンセラーを出し、東京ドームでの大規模なコンサートも成功させ、数々の音楽賞にも輝いていたX。
勢いに乗って全米デビューと世界進出を発表しました。

そんな矢先にメンバー間の不協和音が出始めます。
各メンバーがソロ活動を行ってそれなりに上手くいっていたことが遠因でした。

本体となるXの活動ともずれが出るようになります。
またボーカルのToshiの英語の発音がネックともなっていまいちレコーディングが上手くいきません。

ヨシキが完璧主義を求めるあまり、トシに過大な負担を強いていたとされます。
「トシを楽器のように扱っていた」との話もあります。
こうしたプレッシャーや以前から抱えていた内面の悩みから、トシはいつしかメンタルが疲れるようになります。

そんな折に聞いたCDや知り合った女性の紹介でとある団体に引き合わされます。
ここは新興宗教ではないものの、自己啓発系の多少問題のある団体でした。

その主催者の教えに共鳴するうちにトシは以前から抱えていたXに対する考えも変わるようになります。
はっきりとXとヨシキの方針に決別し、自分の幸せを求めるようになります。

これは主催者や周辺の人間の誘導もあったとされますが、トシ自身がデビュー以来「ずっと悩んで満たされなかった」と語っています。
その問題意識にはまった点もあるでしょう。

トシはXを脱退し、財産を管理されて全国にドサ周りのような形で歌い歩きます。
これが何年も続きますが、時間をおくとトシも冷静になってきます。

メンバーの事故死など紆余曲折を経てXの再結成の話も出るようになりました。
トシもその打診を受けて部分的に参加するようになりましたが、今度は自分が頼っていたセミナー団体に疑問を持つようになります。

セミナー信者との金銭問題や虐待問題を起こしたり、信者である元妻も主催者にどっぷりはまっています。
また主催者が信者のお金で贅沢三昧をしている姿を目撃し、熱が冷めていきます。

最終的に周りの家族や友人の助けもあってトシははっきりとセミナー側の教えから離脱し、元の生活に戻ります。

ここからはセミナー側との財産をめぐる裁判など泥沼化を見せるようになりましたが、
もはやトシは彼らの正体を理解して、はっきりと決別しています。

おりしもXが世界進出を本格化させ、トシの復活とかさなります。
現在では過去の自分の洗脳経緯も本にして出したりはっきりと過去に別れを告げており、
新生エックスの頼りがいのあるボーカルとして再出発しています。

外見がかつてのトムキャットのようだとか、おばさんみたいな髪型になってきたとか笑い話はありますが、
もはや悩んでセミナーにとらわれていた影はありません。

・ソロ活動のトシ おすすめの曲

トシはX時代からソロ活動し、それなりに良い曲もつくっています。
Xはヨシキの個性が強くやりたいことができない部分もあったので、ソロでは積極的にXと逆の部分を出すようにしたとも言っています。
特に初期の曲に良いものが多いです。

『Paradise』
とんがりコーンのCM曲にもなったので知っている人もいるでしょう。
明るくのびやかでトシの澄んだ声がとても気持ちよいです。オリコン最高5位。

『Runnning Wild』
Xとは違う感じでアップテンポのロック風の曲です。
ノリがよく激しく感情がほとばしるような雰囲気があります。

『Bless yourself』
女の立場から恋愛感情を歌ってみたという曲。澄んだバラードで野球中継のエンディングなどでも使われました。
トシの声の良さを最大限に活かしたような美しい旋律が特徴です。

『さよならの季節に』
しっとりとしたバラードです。冬の季節に合いそうな大人の歌。
口ずさみやすくそれでいて情感がたっぷりなので、歌い甲斐があります。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ