自由研究に役立つおすすめスポット

   

【さて自由研究どうしよう!?】
子供たちにとって天国な夏休み。1か月以上休みになるなんて学生時代が過ぎたら
もう老後までない人がほとんどですからね。ただ、そんな最高な夏休みの中で
憂鬱なのが「宿題」ではないでしょうか。特に今も昔も自由研究は名のとおり
自らテーマを決めなくてはならず、9月に提出した時に各自のセンスが問われる
から下手なものにしたくはなくテーマ設定が難しいもの。
そこでセンスの良い自由研究にすべく、ヒントになる自由研究にオススメの
スポットを紹介致します。レジャーついでに子供たちの創造性を高めて、思い出に
残るような自由研究をやらせてあげましょう。

【虹の下水道館(東京都お台場地区)】
水は、生きていく上で最も必要なものの一つです。しかし、世界では日本のように
飲める水が蛇口から出てくる国は少ないと言われるほど、日本の水道の技術が
発達しています。そんな水道の歴史や技術が分かるのが「虹の下水道館」。
普段入ることのできない下水道管やポンプ所、中央監視室、水質検査室で下水道の
仕事を体験し、下水道に携わる人の思いや工夫に気付くことができます。
先日の台風での水害も、日本がここまで下水道が発達していなかったらもっと
甚大な被害になったでしょうし、生活に密着している水道について調べる事で
水のありがたさも学べ、一石二鳥ではないでしょうか。

【ソニーエクスプローラサイエンス(東京都お台場地区)】
将来、就職にも有利なんて言われる理系男子/理系女子を目指すならSonyが
手がけている科学館「ソニーエクスプローラサイエンス」がおススメ。
「光・音・エンタテインメント」を科学するというテーマのもと、
顔認証のシステムや、ゲームなどでもお馴染みのモーションキャプチャーの
作り方など生活に身近な科学も多々あるので、興味も持ちやすいのではないでしょうか。
場所もお台場の真ん中にあるので、フジテレビなどのレジャーついでに行くのも
良いと思います。

【那須とりっくあーとぴあ(栃木県那須高原)】
平面なのにまるで椅子に座っているように見えたり、見た目は全く違う大きさなのに
実は同じ大きなだったりなど…視覚的に楽しいトリックアート。最近では3Dアート
のものも増え、ますます騙されるハイクオリティなものになっています。
そんなトリックアートを多々鑑賞できるのが「那須とりっくあーとぴあ」。
比較的、簡単なものであれば小学生くらいでも作れるトリックアートもあるので
それを作り上げる自由研究はとてもインパクトがあって良いのではないでしょうか。

【キッコーマン食品高砂工場 工場見学(兵庫県高砂市)】
日本が生んだ調味料「醤油」は、近年の和食ブームもあり、世界で「ソイソース」として
認識されている日本が誇る調味料となりました。
そんな日本人には馴染みの深い醤油ができるまでの工程を学べるのが「キッコーマン
食品高砂工場 工場見学」です。工業見学で工程を学んだのち、醤油ができるまでの
歴史をまとめるなんて言う自由研究も良いのではないでしょうか。

【佐賀県立宇宙科学館(佐賀県武雄市)】
宇宙の魅力に迫るプラネタリウムなど宇宙について調べられることはもちろん、
8月いっぱい期間限定で「自由研究道場」というまさに自由研究のための
ワークショップが開催されており、1日で自由研究を終える事ができる場では
ないでしょうか。
「自由研究道場」ではビー玉をレンズにして作る顕微鏡や、偏光シートを回転させると、
貯金箱の中が見えたり見えなかったりする不思議な貯金箱作りなど、テーマが12個用意
されており、自ら選んで自ら考えて作りながら作成することができます。
また、宇宙・科学・自然の分野を中心に、図書・DVDを揃えており、よく深い自由研究
にしたい場合でもたくさんの資料があり充実しています。

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ