夏休みのお出かけプランに!話題沸騰の新アトラクションを体験しよう!

   

【夏休みのお出かけプランに!話題沸騰の新アトラクションを体験しよう!】
長いようであっという間に終わってしまう夏休み。せっかくの夏休みを満喫する
ためにも、9月に友達などに自慢できちゃう話題沸騰の新アトラクションを体験
しましょう。現在、テーマパークはまさに戦国時代、どこも集客アップを狙って
新しいアトラクションを導入しています。そこでここでは夏休みのお出かけ
プランにピッタリなおススメ新アトラクションを紹介します。

【ユニバーサルスタジオジャパン ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター】
ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)が総工費450億円かけて満を持してオープンしたウィザーディング・
ワールド・オブ・ハリー・ポッター。アメリカ本土に続き、世界で2番目にできたハリーポッターの
テーマパークです。衝撃を覚えるほど映画のシーンを忠実に再現、テーマパークで遊んだあとに
再度映画を観直すと、より面白い1粒で2度美味しい新アトラクションです。
何時間も並ぶのかと思いきや、USJが考案した新整理券システムが上手く機能しており、土日や夏休みで
あっても、朝入場して整理券をゲットすれば確実に楽しめるので、有効的に時間を活用でき、思い出が
たくさん作れますね。

【東京ディズニーランド ワンス・アポン・ア・タイム】
テーマパークの雄、東京ディズニーランドで今、話題沸騰なのが「ワンス・アポン・ア・タイム」。
あの東京駅や大阪城でのイベントで話題になったプロジェクションマッピングにて、みんなが大好き
ディズニーキャラクターがシンデレラ城に映し出されます。いまだ大ヒット中の「アナと雪の女王」の
アナやエルサなども登場するとか。お子様はもちろんの事、大人もうっとりしてしまうまさに魔法が
かかった時間がそこにはあります。
今年5月末から始まった新アトラクションですが、依然として高い人気を誇っているので、ゆったり座って
観たい場合は、座席指定券は抽選に参加することは必須です。

【東京ドームシティ TeNQ(テンキュー)】
東京ドームの隣にある「黄色いビル6F」に新しくできた「TeNQ」は宇宙をテーマにした新アトラクション。
直径11mの4Kシアターに映し出させる宇宙「シアター宙(そら)」や、実際に東京大学の研究室の様子が
ガラス越しに観る事ができたりなど夏休みの自由研究のテーマにするのも良いのではないでしょうか。
なかでも、今までの概念を覆す下に宇宙を見下ろすアトラクションは衝撃との声多数です。
また記念撮影コーナーも多々あるので、思い出作りも万全!スポーツ好きの男の子だったらTeNQで遊んだ
あとにお隣の東京ドームでプロ野球観戦もなんていう贅沢コースもアリです。

【富士急ハイランド 富士飛行社】
富士急ハイランドと言えば、「FUJIYAMA」や「高飛車」など絶叫系マシンのメッカとして親しまれていますが、
この7月18日にオープンしたばかりの新アトラクションは今までの富士急のイメージとはちょっと異なる
室内型アトラクション。日本のシンボル「富士山」の四季折々の姿を巨大スクリーンに映し出し、まるで
1年を猛スピードで過ぎて行くような感覚に浸れます、また、湖上すれすれの低空飛行体験や火口上空の
飛行など実際はできないような体験をシュミレーションできます。まさに富士山アトラクション!日本人に
生まれて良かったと感じるひと時を過ごしませんか?

【長崎ハウステンボス 「恐竜の森」】
近年はワンピースのアトラクションをデビューさせるなど、次々と魅惑的なイベントを仕掛けているハウス
テンボスが今年送り出すのはミッション遂行型タイムトライアルゲーム「恐竜の森」。
ミッションを一つずつクリアしていきゴールを目指せ!ファミリーで協力しても、友達同士で盛り上がっても、
デートで良いとこ見せても、みんな楽しめる新アトラクションです。
なんと脱出成功率はわずか1%。あなたはその1%になることができるか!?

スポンサーリンク
   

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサーリンク

このページの先頭へ